歯周治療とインプラントの関わりについての勉強会
ブログ

本日、歯周治療とインプラント治療の関わりというテーマの勉強会に行ってきました。

最近、中等度以上の歯周病疾患のある患者さんのインプラントもよくあるのでこのようなリスクを持つ患者様にどのようにアプローチしていけば良いのかを聞いてきました。要は歯周疾患のある患者様に歯周病のコントロールがされていない状態でインプラントをやると将来的にはインプラント歯周炎の可能性が当然広がってしまいます。

よってインプラント治療の前には必ず細菌のコントロールと力のコントロールおよび予知性の高い歯周組織状態に改善してからインプラントを埋入するべきだということでした。最近、いろいろな手技が雑誌や論文などで紹介されていますが、やはり基本がいかに大切なことなのかということを再確認させられた勉強会でした。

三鷹 歯科/歯医者|新川通りデンタルクリニック

日付:   カテゴリ:勉強会